日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

肉を食べて痩せる3つのポイント

ダイエット

肉を食べて痩せる3つのポイント

ダイエットと聞くと肉より野菜を食べるというのが普通の感覚のようですが…

私たちの普通を疑ってかかる必要がありそうです。

医学は日々進歩しています。

そのために、健康に対する常識はあっという間に非常識になっているかもしれません!

肉を食べた方が痩せるというワードに信憑性はあるのでしょうか?

太る一番の原因は糖質

まず太る一番の原因は糖質です。

ご飯や甘いものなどですね。

肉を食べて痩せるには、この糖質の代わりにしっかり肉を食べるのです。

それにより、糖質が抑えられて痩せるというわけですね〜

さらにダイエットでは甘いものも肉類も油も我慢のようなナイナイづくしが定番でしたが、

この肉類をOKにすると、ダイエットにおけるストレスがグンっとへりますよね?

ストレスはダイエットの大敵なのでこれもメリットの1つですね。

また肉がOKであってもなんでもいいわけではありません。

まず脂身は控えた方がいいので、脂身や皮は取り除きましょう。

さらに牛肉など赤身肉には代謝をアップさせる物質が含まれています。

食べることで体が燃焼しやすくなるんです!

牛肉を食べると、その牛肉を消化することにエネルギーをたくさん使うためです。

なるほど〜!!

同じ量を食べるにしても鶏肉よりは牛肉の方が痩せやすくなるというわけですね。

ちなみに牛肉よりもさらに効果が期待できるのは羊、つまりラム肉です。

1日に必要なタンパク質の量

では1日に必要なタンパク質の量を見てみましょう。

成人女性だと50グラム、成人男性だと60から65グラムくらいが必要です。

ちなみにタンパク質50グラムって聞くとお肉50グラムかなと思ってしまいませんか?

肉に含まれるタンパク質=肉の総量ではないそうです。

牛もも肉100グラムを調理して食べた場合、タンパク質は19.5グラムしか摂取できないそうです。

卵1個食べると8.6グラム、

紅しゃけ1切れ(70グラム)で15.8グラム、

納豆1パックで12グラム、

ヨーグルト小1カップ6.9グラム…

これでようやく62.8グラムです。

もし肉だけで60グラム程度のタンパク質を取ろうとすると

300グラムのステーキか焼肉を毎日食べないといけないですね(^^;)

タンパク質には植物性と動物性がありますが、動物性の方が吸収が良いとされています。

現実的には肉ばかりだとダイエットの目的が叶っても他の健康問題が気になります。

そのため、脂身を除いた牛肉か豚肉を100グラム程度は1日1回食べて、

さらに足りないタンパク質は納豆や豆腐、卵など他のものから摂取しましょう。

赤身肉のいいところは、タンパク質だけでなく鉄分もビタミンBも含んでいるところです。

貧血に悩む女性にも嬉しい効能ですね!

我が家では肉を食べるときはその3倍の野菜を食べるように言われて育ちました。

野菜は肉の消化を助けてくれる食材や肉に足りない栄養を補ってくれる食材を選ぶと良いでしょう。

豚の生姜焼きにキャベツの千切りが付いてきますが、

あれは見た目だけでなく、豚肉の消化を助ける働きがあるんですね。

ステーキにジャガイモやクレソンがついてくるのも同様の理由です。

肉食に圧倒的に足りないのがビタミンCですが、

ジャガイモのビタミンCは加熱によって壊れにくいのです。

クレソンはあの独特の辛味は消化を助けてくれるものです。

わさびにも同じ効果があるので、ローストビーフに西洋ワサビをつけて食べるのも美味しいからだけでなく消化を考えての組み合わせなんですね〜

他に消化を助けてくれるものといえば大根おろしがオススメです。

大根おろしは脂っこい料理もさっぱりと食べられることで重宝されていますが、

消化促進の効果も絶大です。

胃腸が弱っている時などにもオススメですよ。

では肉を食べて痩せる3つのポイントをまとめると、

①脂身を除いた赤身肉を毎日1回100グラムは食べよう

②炭水化物は控えよう

③付け合わせや前菜などで野菜もしっかり食べよう

以上ぜひお試しくださいませ〜

その他関連情報はこちら

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?